濱本司法書士事務所 - 不動産登記

濱本司法書士事務所
不動産登記 遺産相続・遺言 会社設立・商業登記 債務整理・自己破産 成年後見・裁判事務 インフォメーション 事務所情報 濱本司法書士事務所
〒680-0062
鳥取県鳥取市吉方町2丁目521番地
TEL/0857-30-5337
FAX/0857-30-5338
定休日/土曜・日曜・祝日(業務対応可)
受付時間/10:00〜18:00(時間外対応可)

不動産登記

不動産の売買  (所有権移転登記・抵当権設定登記)

添付画像

 不動産を売買したとき、「買った」、「売った」という事実を公的に第三者に対して証明するものが登記であり、登記手続を行うのが司法書士です。
不動産を買ったり、売ったりする手続は、不動産仲介業者が行い、金融機関に対する住宅ローン等の手続は、不動産仲介業者や金融機関が行い、最後の手続が登記(所有権移転登記・抵当権設定登記)であり、司法書士が担当します。

所有権移転(売買)登記

所有権移転(売買)登記とは、不動産をご購入した場合に、当該不動産の名義を売主から買主へ移転する登記です。多くの場合、司法書士が売主及び買主の双方を代理して法務局に申請することになります。

抵当権設定登記

住宅ローンを利用する場合は、通常、ご購入した不動産を担保に入れることになります。その際に司法書士が借主及び金融機関の双方を代理して法務局に申請することになります。

 

個人間取引について
 

インターネットの普及や、市場の流通価格よりお徳な売買取引が出来るという理由で、不動産の個人間売買が徐々に広がりつつあります。また、親族間や、会社と会社役員個人との間で、不動産会社を仲介せずに、個人間で売買することもよく見受けられます。
個人間で不動産売買を行う場合は、不動産売買代金の決定や不動産売買契約の締結、所有権移転登記など、当然のことながら、個人間でしなければなりません。税金の見落とし(譲渡所得税、登録免許税、不動産取得税等)や、法令上の見落とし(購入した土地に建物が建てれない等)、
後々金銭面、権利関係などのトラブルに発展しかねません。

当職にご依頼頂きましたら、契約書作成や契約時立会に同席し、トラブルのない個人間売買をお助けします。

 


Copyright ©2012- 濱本司法書士事務所. All Rights Reserved.