濱本司法書士事務所 - 債務整理・自己破産

濱本司法書士事務所
不動産登記 遺産相続・遺言 会社設立・商業登記 債務整理・自己破産 成年後見・裁判事務 インフォメーション 事務所情報 濱本司法書士事務所
〒680-0062
鳥取県鳥取市吉方町2丁目521番地
TEL/0857-30-5337
FAX/0857-30-5338
定休日/土曜・日曜・祝日(業務対応可)
受付時間/10:00〜18:00(時間外対応可)

債務整理・自己破産

特定調停の手続き

特定調停は、簡易裁判所の仲裁により債権者と交渉し、借金を減額させ、かつ、減額した借金を無利息にて3年間で分割弁済して行く手続きで、自己破産や民事再生とは異なり、全ての債権者と交渉する必要はなく、整理したい債権者(借金)だけを対象にすることができます。金利が非常に高い債権者や借入額が多い債権者のみと交渉するといった、柔軟な対応が可能になります。任意整理と類似した効果をもつ債務整理ですが、裁判所を介して行うか、介さずに行うかが大きな違いの一つです。

特定調停の大まかな流れ

債務関係の調査

↓

特定調停申立書類の作成

↓

簡易裁判所に申立

↓

調停委員の選任

↓

調査期日出廷(申立人)

↓

調停期日(債権者)

↓

調停調書作成又は調停に代わる決定

↓

返済の開始

 

特定調停のメリット

  • 調停進行中は民事執行手続きを停止できる可能性もあります
  • 任意整理や自己破産手続きと異なり、調停進行中は民事執行手続きを停止できる可能性もあります
  • 浪費等、負債を負うことになった経緯は問題とはなりません

 

特定調停のデメリット

  • 任意整理による和解書と違い、特定調停の調停調書には執行力が付加されているので、支払いが延滞した場合、即時に強制執行される危険があります
  • 任意整理と比べると、和解成立迄の時間がかかります
  • 任意整理と比べて、申立てに必要な書類を取得収集しなければならず手間がかかり、また、調停期日に裁判所に出頭しなければなりません
  • 個人再生と異なり、元金のカットは見込めません
  • 特定調停では過払返還請求までは行わないので、過払いの場合は調停終了(債務不存在)後に改めて返還訴訟を行う必要があります
  • 成立するまでの遅延損害金を加算されるケースがあります
  • 一定期間借り入れができなくなる

 

 

Copyright ©2012- 濱本司法書士事務所. All Rights Reserved.